ヤギタケ Hygrophorus camarophyllus ヌメリガサ科ヌメリガサ属
秋 アカマツ・コナラ林、ブナ林あるいは高地の針葉樹林などに発生。傘径は4〜12cm、中高の平になり、表面は灰褐色、やや粘性がある。
 ヒダは白色、垂生し、疎。柄は粘性がなく傘よりやや淡色、繊維状、中実。一見するとヒダの白さと柄の色が好対照である。これにそっくりで、ヒダが赤みを帯びるものは、ウスアカヒダタケという別種のようである。
 Other photo   2010.9.4  岐阜県 高山市
           TOP                きのこ図鑑 TOP