ツバキキンカクチャワンタケ Ciborinia camelliae キンカクキン科ニセキンカクキン属
 早春 椿の開花に合わせて椿の樹下に発生する寄生菌。淡褐色の椀の径は約1cm、普通に見られる。落ちた椿の花を分解するものとばかり思っていたが、どうも椿の花に取り付き、椿に実を結ばせることなく、花を地上に落とさせ、そこに菌核を作るようだ。
     2009.1.4  萩市 椿原生林
           TOP                きのこ図鑑 TOP