タマチョレイタケ Polyporus tuberaster サルノコシカケ科タマチョレイタケ属
 夏〜秋 倒木や地上から生える。本種は倒木上に生えていたいもの。地上生のものは、地中に菌核を作るが、作らないものも見られる。カサは浅いジョウゴ型、径は大きいもので10cmを超える。表面は黄茶色で、より濃色の平らなリン片を帯びる。子実層托は管孔。柄は中心性だが時に偏心性。やや標高の高いところで見られる。
 Other photo   2009.5.29  大分県 九重連山
           TOP                きのこ図鑑 TOP