タマゴタケ Amanita hemibapha テングタケ科テングタケ属 
 食
 夏〜秋、シイ・ナラ・ブナ・モミなどの樹下に発生。大型。傘は幼時は深紅、成長してやや薄くなり、周辺に放射状の溝線をあらわす。ヒダは黄色。柄は中空で、上部に橙黄色のツバを有し、黄色地に帯赤色のだんだら模様をつける。基部に白色の大きなツボがある。
 調理すると、色は抜けるがおいしいキノコである。
Other photo  2008.7.3  美祢市 秋吉台
           TOP                きのこ図鑑 TOP