シワチャヤマイグチ Leccinum hortonii  イグチ科ヤマイグチ属
 夏〜秋 ブナ科の広葉樹林下に単生、散生する。カサの径は5〜10cm、表面は赤褐色で著しいシワがあり、一目で区別が付く。個性のあるきのこは同定に悩むことなく、安心して見ることができる。子実層托は管孔である。
    2008.7.29 萩市内
           TOP                きのこ図鑑 TOP