シロサクラタケ Mycena subaquosa ラッシタケ科クヌギタケ属
 夏〜秋 マツ林、広葉樹林下の落ち葉が堆積腐植した地上に散生、群生する。カサの径は2〜4cm、全体が白色、湿ると多少透明感がある。ヒダはやや疎で連絡脈がある。柄の上部はやや粉状で基部には菌糸をまとう。『北陸のきのこ図鑑』の学名を引用したが、検討が必要。
Other photo  2010.10.9  広島県 比婆山
           TOP                きのこ図鑑 TOP