シロヌメリガサ Hygrophorus eburneus  ヌメリガサ科ヌメリガサ属
 早春、広葉樹林地上の落ち葉が溜まったあたりに点々と散生していた。カサ径2.5〜5cmほど。白色のカサには粘性があり、縁部は永く内巻き。ヒダは直生〜垂生、白色でやや疎。柄は中部やや肥大して、下部は尖ったような感じになる、中実〜髄状。
 Other photo   2014.3.29 美祢市 秋吉台
           TOP                きのこ図鑑 TOP