オツネンタケモドキ Polyporus brumalis サルノコシカケ科タマチョレイタケ属
 秋、ブナの倒木上に発生。傘径は2〜5cm前後、色は暗褐色の地に灰色の短毛を密生する。管孔は細かくて白色で、こするとやや褐変する。皮質の丈夫なキノコである。
 オツネンタケモドキ属からタマチョレイタケ属に変わったようだ。日本ではキノコはまだまだ分類学的にも遅れており、科名や属名の変更がこれからも、たくさん出てくるのであろう。
    2009.10.22  広島県 戸河内町
           TOP                きのこ図鑑 TOP