ニガクリタケ Hypholoma fasciculare モエギタケ科クリタケ属 
 猛毒
 ほぼ1年中、広葉樹・針葉樹の区別なく生える。傘は小型で色は帯褐淡黄色〜鮮黄色で、ヒダは初めイオウ色で後紫褐色、肉をかむと強い苦みがある。しかし熱を通すと消えてしまうという。東北で1件死亡例が記録されているようだ。写真のものは幼菌。
Other photo  2005.10.7 山口県 秋吉台
           TOP                きのこ図鑑 TOP