ナメコ Pholiota nameko モエギタケ科スギタケ属
 
 秋、広葉樹(主にブナ)の枯幹、倒木上に発生。傘は径3〜8cm、茶褐色で全体にヌメリがある。柄はゼラチン質のツバを持つ。
 キノコ狩りのメーンターゲットで、最近はなかなかまとまって見つからなくなった。ぬめりのあるこのキノコの吸い物はなかなかで、野生のうまさが際だつ。
 Other photo   2002.10.30  広島県 戸河内町
           TOP                きのこ図鑑 TOP