キアシグロタケ近縁種 Polyporus cf. varius サルノコシカケ科タマチョレイタケ属
 夏〜秋、広葉樹倒木、枯れ枝上に発生。傘表面は淡黄褐色、放射状の繊維紋をあらわす。柄は時に偏心生で上半部は白く、下半部が黒い(アシグロタケの柄は全部黒い)。アシグロタケより小型で、傘縁部はより波打っている感じ。類似種が多く、今後整理が必要と増補改訂新版『日本のきのこ』は言う。
 Other photo  2002.8.7  島根県 安蔵寺山
           TOP                きのこ図鑑 TOP