カンゾウタケ Fistulina hepatika  カンゾウタケ科カンゾウタケ属
 5〜6月頃、シイの大木の根元に発生。幼菌らしく、傘も管孔もまだ区別がつかず、全体が赤紅色。10月頃にも生えるらしい。この菌で幅5cm、厚さ2.5cm、大きいものは幅20cmになるようだ。
 切れば霜降り肉のような感じで、酸味があり、生でサラダふうにして食べられるとある。
 Other photo  2005.5.19  山口市内
           TOP                きのこ図鑑 TOP