カキシメジ Tricholoma ustale キシメジ科キシメジ属
 毒
 秋、松林や広葉樹林下に群生、本種は石段の石の間に単生。傘径3〜8cm、表面湿時粘性があり、赤褐色〜栗褐色。まんじゅう型からやや扁平に開き、縁部は永く内巻き。ヒダは湾生し白色で密、老成や傷により褐色のシミを生じる。柄の上部は白色だが、下部は淡褐色で、内部に髄があるかまたは中空。キノコの食中毒では本種の他にクサウラベニタケ、ツキヨタケが多く食中毒の御三家と言われる。
Other photo   2007.10.11  周南市 
           TOP                きのこ図鑑 TOP