ヒラタケ Pleurotus ostreatus ヒラタケ科ヒラタケ属
 秋〜早春 広葉樹の立ち枯れ、倒木、切り株などに群生する。カサの径は時に20cmくらいのものを見るが、写真のものは1〜5cmの幼菌。表面は黒紫褐色〜灰褐色。ヒダは長く垂生し、白色。柄は偏心生。3日後に収穫したが、3kgを超していた。おいしいきのこである。
 Other photo   2009.12.6  山口市内
           TOP                きのこ図鑑 TOP