ハナイグチ Suillus grevillei ヌメリイグチ科ヌメリイグチ属
 食
 夏〜秋、カラマツ林内の地上に群生する。中国地方にはカラマツの自生はなく、皆植林されたものである。傘径はこの写真で6cm、10cmを越えるものもあるが、そうなると老菌が多い。傘は湿っているときはいちじるしい粘性があり、色は赤茶色だが幅がある。管孔は黄色から褐色になる。柄にはツバがあり、ツバより上は網目、下部は繊維状で粘性がある。
 この幼菌のみそ汁はナメコ以上の風味が味わえると「日本のキノコ」は言うが、特別においしいと言うほどでもないような・・・。
 Other photo   2008.10.10 広島県 帝釈峡
           TOP                きのこ図鑑 TOP