アミタケ Suillus bovinus  ヌメリイグチ科ヌメリイグチ属
 食菌
 春〜秋、マツ林内の樹下に群生する。カサの径は5〜10cmほど、表面は赤褐色〜黄褐色で強い粘性がある。管孔はやや垂生し、オリーブ黄色。柄はほぼカサと同色、中実。肉は傷ついても変色しない。だが、熱を加えると赤紫色になる。ヌメリがあり、歯切れも良く、なかなかおいしい。
 Other photo   2012.11.6  山口市 仁保
           TOP                きのこ図鑑 TOP